エンドレスサーガのアルカディアの世界を旅する少女と仲間たちの物語。転生したんでもういっちょ!時々中の人の雑談。
訪問者数
正常にカウントされるようにしました。

プロフィール

水月(ルナティアの中の人)

Author:水月(ルナティアの中の人)
■ルナティア
月曜日に転生します。



■中の人
定期更新型RPGをこよなく愛してる(つもりの)人。Sメールにはできうる限り即日対応いたします。雑談などお気軽にどうぞ。

ロールプレイダイスキ。

ルナティアの軌跡
2007/4/17 転生。レーヴェンハイムに降り立つ
最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



特別号

...2006/05/14 02:50...

月を咥えた猫亭更新

魔獣目覚める


トップにヘタレ絵載せるな!と突っ込まれても泣かないっ!
そう言えばルナティアが獣化するとどうなるのかなぁ~とかどうでも良いこと考え始めてみたのですが、裏設定がアレなので↑見たいな感じになります。


■と言うわけでちょこっとまとめ
うちのBlogはトラッシュバックを受け付けておりますけど、管理人の承認後掲載って形を取ってます。これは出会い系とかのあんまりよろしくないトラッシュバックを削除したいからです。
これを書いてなかったので、先日のトラッシュバック一件ってあるのに行けないよっ!とかトラッシュバックしたのに表示されないよっ!と思われた方申し訳ありません。説明しておりませんでしたorz



ルナティアの過去を小出しに出してきたのですけど、なんかもう殆どでちゃってるのでまとめますです。ネタバレになるので注意くださいませ~。



以下、超ネタばれです。
そう言うのは嫌いな人は読まないようにお願いします。










■ってか、↑の獣人化時の絵が想像と全然違うんですケド
魔獣の血が人より優勢になって発現したときに獣人化したルナティアは、耳や髪の毛が黒くなって髪は腰の辺りまで伸びます。
んで、体に紋章が浮き出るのです。(これは、ホムンクスルを作る時に行われた特殊な術が原因らしいですよ。)
通常時は左上腕に包帯巻いてますけど(エンサガプロフ参考)これはファッションではなく、腕に浮き出てる紋様を隠すためなのです。
んで、あとは指がより猫…もとい虎化します。爪バリバリです。


■ルナティアは人ではないの?
正確にはホムンクルス。マッドサイエンティストによって『作成』されたモノ。半分はマッドサイエンティストの血と魔獣の肉を併せ持つため、どちらでもないケモノビトとなったらしい。
なんでそんなものを作り出そうとしてたのかは、マッドサイエンティストに聞かないとわからない。

■ルナティアは猫の獣人ではないんですか?
魔獣ルナティアと呼ばれる黒い虎に似たものの血を半分受けついているため、性格には豹系ってなります。まぁ、多分猫科目なんですけどね。

■記憶が違う?
魔獣ルナティアに森の外まで連れ出され、意識を失わせて、その上に新しい記憶を刷り込んだ。って感じです。そのため、記憶が時々めちゃくちゃになるのです。ただ、帰郷本能を常に出すように設定したらしい。

遂にあの場所に戻ったルナティアに何があるのかは……転生前のお話のお楽しみ


以下参考
エンサガの総合掲示板のそこの方に眠っているスレッド『幻想アルカディア』を暇な時にでも読んでくださると嬉しいです。

■大森林の王 『アシュニール』
  学名:ルナティア・ソワービィ
  Lunatia - Sowerby

全長:雄・50~150m   雌・50~100m。
広大な大森林における目まぐるしい生存競争の中、
魔獣や妖魔の脅威を実に5百年にも渡り退け、
ドラゴンと並び『王者』の名を欲しいままにした自然個体。
気性の大人しさ奇妙な生態ゆえ、長年に渡りドルイド信仰
の対象となった。

その外見は、虎に酷似し、口にはグレーターソードに匹敵する
犬歯が二本突き出ている。
他に体側の発光斑が七つの固定数で配列されているため、
『セブンス・タイガー』と呼称されたり、長い牙を『槍(やり)』
に見立てて『ダブルスピアー』などと呼称する地方もある。

主にカナンやディーン近くの亜熱帯地方に棲息するとされるが、
アーゼル付近の針葉樹林地帯にも少数確認されている。
魔力はないが、強靱なバネとしなやかな体毛により500mもの
跳躍をほぼ無音で可能とする。

また独自の発光器官を有するため、暗黒に近い地下でも活動できる。
発達した筋肉から繰り出される速度は、時速120kmを記録した。
繁殖期を除き、群れを形成せず単独で活動するのも本種の特徴である。

獲物を見付けると目標めがけて突進し、一撃で仕留め、
獲物が絶命するまでは決して食さない。
主食となる獲物は大柄な体型に反し、1・2週間に一度の割合で、
土竜等の小型種を捕食し、その間は絶食状態となる。

本種の特徴は長く伸長した『牙』にあるが、特筆すべきは発光斑であり、
この明滅により、他の生物との交信ができるのである。
ある吟遊詩人によれば、七つの光は、それぞれ七つの音階であり、
発光信号は、ひとつの音楽なのだそうだ。



↑これが元ネタの一番近いのです。
スポンサーサイト






この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://minatukiyo.blog48.fc2.com/tb.php/111-c4fedc4c
CALENDER
07 ⇔ 2017/08 ⇔ 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ヒメ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。