エンドレスサーガのアルカディアの世界を旅する少女と仲間たちの物語。転生したんでもういっちょ!時々中の人の雑談。
訪問者数
正常にカウントされるようにしました。

プロフィール

水月(ルナティアの中の人)

Author:水月(ルナティアの中の人)
■ルナティア
月曜日に転生します。



■中の人
定期更新型RPGをこよなく愛してる(つもりの)人。Sメールにはできうる限り即日対応いたします。雑談などお気軽にどうぞ。

ロールプレイダイスキ。

ルナティアの軌跡
2007/4/17 転生。レーヴェンハイムに降り立つ
最近の記事
リンク
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



行人・シャル設定

...2006/03/07 04:50...

しばらくは本当にネタがないので、繋がないと!!

そう言えば、次回から戦争の設定が変わるそうです。
大人数の国が有利な戦争形式が変わるのでしょうかねぇ~…。
ついでに同姓結婚はやっぱり不都合だったそうで…何組かのカップルが分かれちゃいました。まぁ、男×男のむさくるしい結婚とかなくてよかったですけど(マテ




水月行人
あまりにも色物PTにするのもアレなので野郎投入。
色物キャラに負けない個性をだしたかったので、性格はひじょうに真面目になってしまいました。
でもまぁ、まとめ役としてひじょうに有意義な存在であります。

――スタートストーリー
彼には妹がいた。
3つ年下の妹だった。彼に懐いており、彼もそれに答えた。

家庭は貧乏だったが、一般的に幸せな毎日だった。


ある日、それは突然崩壊した。
妹がいなくなったのだ。

彼はひたすら妹を探し、親を問い詰めた。

現実は、非情だった。

「これから先、生活する金がない。お前を良い学校に行かせ一人前にするするため、お前の妹を人買いに売った。あの子のためにも、頑張るんだ。」

そんな汚い金で、彼は一人前になりたくなどなかった。


そして、次の日。
彼は親が寝ている早朝に家を出るのであった。

冒険者となるために。

妹を探すために。



シャルティエ
行人をまとめ役と書きましたが、よくよく考えると彼女もまとめ役ですかね。
でもなぜかミゼリアとルナの行動を煽るのが多かったりしますけれども…。
幽霊という設定なので、ありえない状況とか作れてなかなか楽しかったり…。プロフ絵は我ながら痛いなぁ…とかなんとか思ったり。

――スタートストーリー
はるかむかし。
いまだ、大陸ではたくさんの小国が紛争をしていた頃の話である。

今で言うサイロン領土内に小さな小さな国があった。
その国では、まだ若き王子がいた。

その王子に付き添う、一人のメイド。名はシャルと言った。

貴族出身のためか気立てがよく、皆からすかれていた。
また、すばやい動きで敵を倒す術も身につけており、王子からの信頼も厚かった。

その国には、悪評高き大臣がいた。
ある日、彼女は偶然その大臣の話を聞いてしまう。
その話とは、定例の狩りの時に、魔獣を王子に差し向けて暗殺しようということであった。
彼女はもちろんそれを阻もうとするが、大臣の罠に落ち、彼女がいない間に王子が狩りに行ってしまう。


目を覚ました彼女は必死に王子の元へ向かう。
そして、見たものは兵士たちの流した血の海の上で戦う王子と黒き魔獣だった。

急いで剣を抜き、王子に加勢する。
そして、王子が止めをさしたことにより、なんとか魔獣を撃退することができたのであった。

これにより、王子の彼女に対する信頼が絶対的なものとなった。


数日後、シャルに愛の告白をする王子。そしてそれを受け入れるシャル…。

しかし、幸せは続かなかった…。


ある日、王子の様子が急変する。


彼女の目の前で、彼はあの時倒したはずの魔獣へと変貌した。
魔獣の呪い……。それは、己を殺したものを魔獣とするものであった。

殺してくれと懇願する王子。それを必死に拒むシャル。

理性が持たないと判断した王子は、シャルに突進を仕掛ける。
そして、シャルは反動で彼を突き刺してしまう。

血まみれの王子は人の姿に戻りながら最後にこう言った。


ありがとう……。


メイドが王子を殺した。その話は瞬く間に国に広まった。
彼女はただ、自らの処刑を求めた。

殺されるわけではなく、自ら死を選ぶことにより永遠に自分にかかっているであろう呪いを他の誰かにいかせないようにする。そう判断したからだった。

そして、国民の前で処刑は実行された。
彼女は、国民からの投石を受けながら、王子への愛を再び誓う。


いま、そっちへ、いくよ。


目を閉じ。死を待つ。
一瞬の浮遊感。自分の体が離れていく感覚。流れていく記憶。




突然、再び自分の存在を感じる。
目を開ける。騒いでいる民衆。
自らの首に手を当てる。

首を絞めるはずのロープは無かった。
後ろを振り向く。

絶命している自分。


自分が霊体になってることを理解する。

ふぅ…とため息を吐く。そして、自分の両腕を見た。
束縛者の証。両腕に剣が突き刺さっていた。



処刑場を後にする。


愛する王子はもうあそこにはいない。我が殺したからだ。そして、その罰として我は彼の元へ行くことはできない。


さて…。これからどうするかの…。


ルナと会うまでの長い長い彼女の旅が始まった……。



――――――
今日のタンデム


~ アルカディア暦 920年   火竜の月 - 第 2 週 ~
LV 5 死戦士 スケルトンナイト LV 6 死戦士 スケルトンナイトB LV 4 死霊 ゾンビ LV 5 死霊 ゾンビB

HP487↑ 556↓ HP467↑ 572↓ HP↑ 296↓ HP126↑ 322↓
1 連撃 通常攻撃 痺れ攻撃 痺れ攻撃
2 通常攻撃 通常攻撃 痺れ攻撃 通常攻撃
3 不明 キャンセルクラッシュ 通常攻撃 サポートキャンセル
4 通常攻撃 通常攻撃 ガード 通常攻撃
5 不明 アタックキャンセル サポートキャンセル 不明

6 不明 通常攻撃 痺れ攻撃 不明
7 不明 不明 痺れ攻撃 不明


入手アイテム: 壊れた盾
入手アイテム: 釣竿
入手アイテム: 穴のあいた靴
入手アイテム: 空き瓶

――――
話書きすぎて眠い眠い…。
暗黒剣士の刻印Getしました。
楽しい戦い方出来そうだけど、中途半端になりそうでもありますな…。

某チャットで、飛翼族ならば筋力と知力がバランスよく上がるため使いこなせるのではないかとの意見をいただきました。飛行を使えば後衛で行けるのである程度は耐久度外視できますしね……。

欲しい方、お売りいたします。価格は…いくらぐらいがいいのかしらん…。
スポンサーサイト








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://minatukiyo.blog48.fc2.com/tb.php/41-176d2918
CALENDER
07 ⇔ 2017/08 ⇔ 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ヒメ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。